フィンペシアがAGAに効果があるワケ

イケメンがほほ笑む
フィンペシアは、AGA(男性型脱毛症)にどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。

フィンペシアは飲む育毛剤といわれる、AGAの治療薬「プロペシア」のジェネリック医薬品です。

プロペシアの有効成分である、「フィナステリド」を使用しているため、効果効能そのままに安価で治療ができます!

フィンペシアで薄毛・抜け毛が改善される

・AGA症状を遅らせる
・太くコシのある髪へと変化

AGAの原因のひとつに、男性ホルモンのテストステロンと「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素が融合し、DHT(ジヒドロテストステロン)が生成されることが関係しているといわれています。

実はこのDHT、毛母細胞の働きを低下させ、ヘアサイクル(毛周期)を乱し髪の毛が成長できないまま抜け落ちてしまう原因になっているのです。

「フィナステリド」は、テストステロンと5αリダクターゼの融合を阻害することで、AGAの進行を遅らせることができます。

フィナステリドの効果により、正常に戻ったヘアサイクル(毛周期)で、髪の毛は太く長く成長できるようになり、結果的に太くコシのある髪へと変化します。

5αリダクターゼの分泌のメカニズム

髪の毛の薄い男性が頭を抱える
5αリダクターゼの分泌には個人差がありますが、分泌量は遺伝によって決まることがほとんどだといわれています。そのため、両親のどちらかが5αリダクターゼを活性する遺伝子を持っていれば、子供へと受け継がれていくというワケです。

5αリダクターゼの分泌箇所

5αリダクターゼは1型2型があり、2型がより強いDHT(ジヒドロテストステロン)を生成するといわれています。

5αリダクターゼの種類 分泌箇所
1型5αリダクターゼ 頭全体の側頭部と後頭部
2型5αリダクターゼ 前立腺・頭の前頭部から頭頂部

1型5αリダクターゼは、皮脂腺に多く普段から肌が脂っぽい人は、1型の分泌が多い傾向にあります。2型5αリダクターゼは、毛の毛乳頭に多くあるため、体毛が濃い人は2型の分泌が多いといえます。

フィンペシアを服用して効果がでる期間は?

AGAの進行状態や体質によって、効果を実感できる期間は異なります。
人によっても効果に違いはありますが、おおよその目安を見ていきましょう。

早い人で3カ月から効果が出始める

フィンペシアを服用してすぐに効果が表れるというワケではありません。
髪の毛が生え変わるには、「成長期→退行期→休止期」が繰り返されるヘアサイクルが影響しています。

正常な成長期の期間は約2~3年といわれており、退行期は約2週間、休止期は約3~4カ月ほどあるといわれています。そのため、フィンペシアを服用してから効果が出るまで、早い人でも3カ月、目安としては半年かかります。

すぐに効果が出ないからといって、あきらめるのではなく、根気強く服用を続けていく必要があります。そのためフィンペシアの服用をはじめたら、最低でも半年、効果の遅れも考え1年間は継続して服用し、継続するか断念するかを判断しましょう。

PAGE TOP