AGA治療は長期服用がマスト!ジェネリックがお得なワケ

ヒゲ面男性がたたずむ
AGAの治療には、半年~1年以上の長期的な治療薬服用がマストです。
なぜならAGAを一度発症すると、抜け毛・薄毛はどんどん進んでいくため、AGA治療薬で症状を抑え、育毛を促進する必要があるからです。ヘアサイクルも関わってくるため、服用してすぐに症状が改善されるわけではありません。さらに症状が治まってきても、服用を中止してしまうと、抑制が効かなくなり、再度抜け毛・薄毛が進行してしまうことになります。

そのため長期的な服用がAGA治療には必要不可欠になりますが、ここで問題になってくるのが金額面です。先発薬であるプロペシアなどの新薬は、金額面でどうしても高額になってしまいます。その反面、ジェネリック医薬品は効果そのままに安価で手に入れることができるため、長期服用のAGA治療の強い味方になってくれるというワケです。

AGAのジェネリックが安価で手に入るワケ

先発薬とジェネリックの金額の比較表(例:プロペシアとフィンペシア)
治療薬 金額(1錠あたり)
先発薬(プロペシア) 約285円
ジェネリック(フィンペシア) 約50円

プロペシアなどの新薬の開発には、膨大な開発費用時間がかかりました。そのため販売価格は高額になり、新薬を開発した製薬会社は特許期間中は、独占的に商品を販売することができます。

ジェネリック医薬品といわれる治療薬は、他の製薬会社が、開発側の特許期間が終了してはじめて薬の製造・販売をすることができます。ジェネリック医薬品は後発薬とも言われており、新薬開発と比べて膨大な開発費用が必要ないため、成分はそのままに安価で製造することができるというワケです。

インドのジェネリック医薬品事情

ちょっと事情が違うのがインドのジェネリック医薬品です。じつはインドでは2005年まで、特許の制度が成立していませんでした。そのため、他国で特許がとられた新薬に対し、特許期間中でも使用料としてお金を支払い、ジェネリック医薬品として製造・販売されてきました。

AGAのジェネリックいろいろ

フィンペシア

フィンペシアの緑の画像
AGA治療薬のジェネリックでも人気なのがフィンペシアです。先発薬として有名なプロペシアと同じ成分で効果もそのまま期待でき、金額も約五分の一と安く手に入れることが魅力の一つです。

フィンペシア購入はこちらから

デュタス


デュタスは、ザガーロのジェネリック医薬品になります。ザガーロの主成分であるデュタステリドはDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える効果が高く、5αリダクターゼ1型と2型の両方に効果があるため、フィンペシアより高い効果が期待できます。
一緒にミノキシジルタブレットと合わせて服用すると、強い発毛効果が期待できるためオススメです。

デュタス購入はこちらから

デュプロスト

デュプロストの画像
デュプロストは、アボダートのジェネリック医薬品となります。AGAだけでなく、前立腺肥大の治療薬としても使用することができます。主成分がデュスタイドのため、従来とは違う酵素に働きかけます。そのため、これまでのAGA治療薬で効果がなかった方にも、オススメの治療薬です。

デュプロスト購入はこちらから

PAGE TOP